雪国での冬ランニング

走りたいけど、雪がすごくて冬は走れない・・・そう思ってないですか?

雪国での冬ランニング

寒ささえしのげればなんとでもなる!

中学高校と陸上部でしたが、グラウンドや学校の外周を雪の中でも走っていました。

天気が悪い日が多かったり、走れない場合は屋内でと、意外とトレーニングは出来るものです。

当サイトでは、雪国の冬を乗り切るための、服装や屋内施設などを紹介しています。

雪国でのランニングスタイル

  • 耳あて、もしくは耳まで隠れる帽子。
  • 手袋も必需品。
  • 晴れの日はサングラスをつけて走る。(おすすめはオークリースポーツサングラス)
  • 速乾性アンダーウェアを着た上に、ジャージ、ウインドブレーカー。
  • 靴下は足首より上までのもの。(おすすめはレーシングランの5本指ソックス)
  • 走ってるとすぐ暑くなるので、ジャージを着ないでネックウォーマーなどを使うのも良いです。
  • 重要なのは、「風を通さないこと」「汗を逃がすこと」「手足や耳は十分に保護すること」
  • 靴は、雪上用のランニングシューズが一番滑らないので走りやすいです。

通常のランニングシューズでも十分走れますが、指先が冷たくなって軽い凍傷のような状態になってしまうので、

厚手の靴下を履くなどして対応してください。

その他あると便利なもの・・・

・日焼け止め・・・おすすめは汗に強くSPF50+・PA+++で、肌に優しいアリー エクストラUVジェル

・防水仕様のイヤホン・・・おすすめは耳の形に合わせて固定できる【日本ビクター】 ヘッドホン HA-EBX86-B <インナーホンロング>

雪国でのランニング場所

屋外を走るなら、除雪されてる場所や踏み固められてる場所を走る!

つららが落ちてくることもあるので、建物下は避けてくださいね。

大きい公園は犬の散歩などで、冬も歩く人が多くておすすめです。

その他、体育館はランニングできるようになっている場所がありますし、

スポーツジムでトレッドミル(ランニングマシーン)を使うのも良いですよ。

各道県の屋内ランニングコース一覧

冬はランニングの代わりにこれをしよう!

クロスカントリー・・・冬の間に持久力を落とさないために適したスポーツです。

水泳・・・体への負担が少ないのでオフ期間のトレーニングにちょうど良いです。

スノーシュー・・・雪山の散歩です。楽しく遊べるので気分転換にもおすすめですよ。